テレビドラマの見学レートの迷宮

ウェブサイトや撮影器材の浸透によって昔より局の観戦率は低くなっています。
日常、報道ではなにげなく観戦率の記録を見ていますが、どこでどうして算出しているのかは謎です。
故松本清張ちゃんの小説『渦』はこんな摩訶不思議な観戦率をテーマとしていますが、現在も当時とおんなじ方法で計測しているのかもわかりません。
殆どTVを見ないあたしが今楽しみにしているドラマが『重版クオリティ!』です。
シナリオが漫画のケース、実写化するとフィーリングが崩れることが多いものですが、個々のモデル君の参入思いの高さもあり見ごたえがある出来栄えになっています。
選択も隆盛でシナリオの良さを生かしつつTVドラマとしての質も激しく、私の近くでは大評判で各週楽しみにしています。
だが各週発表される観戦率は断じてゼロ桁続きで、個人的には違和感を感じます。
私も含めて側たちも現況で観戦せずに撮影派なのが発端かもしれません。
観る結果意気をいただけるドラマなのに埋もれてしまうのはもったいないです。
ちょっと打ち切りにはならないでしょうが、応援している奴が本当はたくさんいることをモデル君たちにお伝えしたいと思っています。キレイモの全身脱毛プランが魅力的です