うなぎに込めたママの理想

うなぎのおお金、高いですよね。
我が家の近所の上級では、1尾、中国産で1500円程、国産だと2000円程します。
子どもが二人いるので、何より国産を選びたいところですが、1尾買うのにも、ありったけのど根性がいります。
ほんのり暑くなってきたり、疲れたりしているところ、思い切って1尾買いますが・・・。
息子二人で分けて、母親は余剰をちょこっと頂くという、涙ぐましい食事です。
パパの当たりは・・・飲み会歳月などゼロ歳月を狙って買いますので、我が家にうなぎがあったという過去を彼は知ることはないでしょう・・・。
長女は魚も肉もいまひとつ好きではなく、全然食べないのですが、イクラとうなぎはそれほど食べます。
栄養分とかよりも、お金を見てるんじゃないかと疑いたくなります。
タレが好きなのかと思い、むかしメカジキをソテーしたものに、うなぎのタレをかけてみましたが、めったに食べませんでしたので、一先ずうなぎが自分勝手です。
無駄にグルメな女の子なので(怒)母親の目をよそに、ペロリとうなぎを平らげます。
こどもが独立したら、みずからうなぎ丸々食べる、それが今の私の要請です。足脱毛の口コミを参考にしました